カーラッピング ペイントプロテクションフィルム 塗装の保護なら【ラップステージ】

車のカラーが与える印象の違いとは


中古市場などに出回るのは、白やシルバーなど、無難なカラーが多いです。
そのため中古で購入する場合はカラーの選択肢がないことも多かったのですが、カーラッピングなら気軽に他のカラーを楽しむことが出来るようになりました。

車のカラーを変える際に、自分だけでなく友人や恋人などがどのような印象を受けるかも気になるところです。
ここではカラーの違いによって与える印象の違いについてご紹介いたします。



【赤系】

スポーツカーなどに多い色です。赤は情熱の赤と言われ、見ていると元気が出たり、神経を高ぶらせて闘争心を引き出すため、レースなどで使われる車でも多いです。力強くエネルギーにあふれていて、馬力がありそうという印象も与えます。



【青系】

青は赤とは正反対の色で、知的で冷静なイメージを与えますが、暗い青と明るい青でもだいぶ印象が変わってきます。乗っている人が少なめで、売却する際の価格が低くなる傾向にあるので、他のカラーからカーラッピングで青系にするという方もいらっしゃいます。




【白・黒】

両方とも安定した人気を誇ります。白は清潔感を感じさせるカラーで、日本では非常に人気が高いです。黒は落ち着いたイメージや威厳があるという印象を与え、高級車などでよく使われるカラーになっています。ただし汚れが目立ちやすいので、定期的な洗車が必要になります。



【シルバー・ゴールド】

シルバー・ゴールドは共に高級感を与える色です。シルバーは灰色に近く、上品かつ落ち着いているというイメージを与えることができます。車ではよく見かけるカラーですが、汚れや傷が目立ちにくいため、とても人気があります。ゴールドはシルバーより華やかさがあり、裕福そうという印象を与えます。


上記のように、カラーの違いによって与えるイメージは大きく変わってきます。
WrapStageは熊本県に店舗を構え、カーラッピングや、ボディコーティングでは防げない傷も防ぐ、ボディカバーリングなどを扱う保護専門ショップです。
元のボディを全てカラーフィルムで包むため、耐久性に優れます。剥がれ防止もしっかり行っておりますので、福岡県や長崎県などの近隣の県からもぜひお越し下さい。